各ページの制限時間は1分です。
下の「検定開始」ボタンを押して
検定を始めてね。

検定スタート

むし歯予防に一番有効なものは、
お祈り
フッ素(フッ化物)
フッ素(フッ化物)は、むし歯予防にとても有効で、子どもだけでなく、大人にも、むし歯予防効果があり、歯ぐきが下がった高齢者には、特に有効です。
むし歯や歯周病、歯並びが悪くなりやすいのは、
鼻呼吸
口呼吸
深呼吸
口呼吸は、むし歯や歯周病、歯並びが悪くなりやすいと言われています。
しっかりかむことの効用で、あてはまらないことは
口臭予防になる
認知症予防になる
美白効果がある
よくかむことは、口臭予防や認知症予防、肥満予防になります。
お口のお手入れで間違っていることは
フッ素(フッ化物)洗口をする
夜寝る前、時間をかけて磨く
力強く横磨きする
力強く、横磨きすると、歯の表面を傷つけたり、歯ぐきをいためたりすることがあります。
日本で最初に歯みがき剤が商品化されたのは、
江戸時代
室町時代
平安時代
お歯黒が流行していました・・・・
江戸時代初期(1643年)、「歯みがき粉」を販売する店が現れたそうです。
口のまわりの筋肉を鍛えると、
顎の輪郭がスッキリする
顎が横に張り出す
頬がげっそりする
口のまわりの筋肉を鍛えると、あごの輪郭がすっきりし、二重あご対策によいと言われています。
妊婦が歯周病になると、早産のリスクが、
3倍になる
7倍になる
14倍になる
ニュートンが発見した虹の色の数は・・・
早産の原因には、タバコやアルコールなどもありますが、それらよりもはるかに高い数字だと言われています。
80歳で20本以上歯がある方は、そうでない方に比べ年間にかかる医療費は、
約30万円低い
変わらない
約30万円高い
80歳で20本以上歯がある方は、そうでない方に比べ、年間医療費が約30万円低いというデータがあります。
たくさんの歯を失って、そのままにしていると・・・
食欲が増進する
かむ力が弱くなる
滑舌がよくなる
たくさんの歯を失ってそのままにしていると、かむ力が弱くなったり、舌の動きも低下して、うまく飲み込めなくなることもあり、胃腸にも負担がかかります。
“オーラル・フレイル”という言葉の意味は、
お口の身だしなみ
お口の機能低下
お口の体操
オーラルとは、口、フレイルとは、虚弱。
オーラル・フレイル(歯・口の虚弱)とは、(歯・口の健康への関心度が低くなり)お口の機能低下が進み、滑舌が悪くなったり、食べられるものが少なくなったりして、栄養状態が悪化した状態のことです。

Q

ヒント

正解

答えは
」です。

解説

あなたはいま、10問中問正解です。

次へ進む

不正解

時間超過

答えは
」です。

解説

あなたはいま、10問中問正解です。

次へ進む

残り時間:00

解答結果

不合格イラスト

全10問中問正解

もう一度、挑戦してみませんか?

検定スタート

合格イラスト 二級合格イラスト 一級合格イラスト 特級合格イラスト

全10問中問正解

キャンペーン賞品の応募期間は終了いたしました。

さらに上を目指す方は

再度受験する

名前入り認定証発行

あなたの名前入りデジタル認定証が発行されます!!

認定証見本

あなたのお名前

下のボタンをクリックすると認定証が発行されます

認定証を発行する