文字サイズの変更 サイト内検索
会員専用ページ 文字サイズ大 文字サイズ中 文字サイズ小
トップページ口腔ケアは感染症対策

歯科治療は不要不急ではありません。

口腔ケアは感染症対策


 口腔ケアの徹底によってインフルエンザへの感染リスクを下げることは明らかになっています。口腔内に歯垢(プラーク)がたまり不潔な状態であると、歯垢の中に潜む歯周病菌がウイルスの酵素を活性化させるのでウイルスに感染しやすくなります。様々なウイルス感染を防ぐ上で丁寧な歯磨きや舌の清掃という口腔ケアがきわめて重要となります。

 またウイルス感染症に有効な対策は体の免疫力を低下させないことです。口腔内の細菌が腸内にたどり着き、腸内細菌のバランスを乱して全身の免疫力を弱めますので、口腔ケアは免疫力アップにも効果があります。

 さらに口腔内が不潔な状態であると、細菌が気管や肺に至り「誤嚥性肺炎」を引き起こしやすくなります。口腔ケアをしっかり行い、細菌による誤嚥性肺炎を起こさないようにしておくことで、新型コロナウイルスによる肺炎の重篤化を防ぐことができます。

 口腔ケアは、誰もがすぐにできる感染症対策といえます。


トップページへもどる

ここでクリア
このページの先頭へ

このページの先頭へ