文字サイズの変更 サイト内検索
会員専用ページ 文字サイズ大 文字サイズ中 文字サイズ小
トップページがん等の治療を受ける前に

がん等の治療を受ける前に

お口の中を清潔にしておくことはがん等の治療の助けになります


がん等の手術や治療中は免疫力が低下する傾向があり、さまざまな細菌に感染しやすい状態になることがあります。
感染して肺炎など他の病気にかかると本来のがん等の治療が続けられなかったり、入院が長引く原因となります。

治療に入る前までに歯科で歯をきれいにしてもらいましょう。
また自分でもお口の中のお手入れを続けましょう。

ここでクリア

グラグラと動いている歯があると、全身麻酔での手術中に口の中に入れる管に歯が当たって、欠けたり抜けたりすることで、大事な歯を失ってしまうことになります。

心配な歯があれば、歯科に相談しましょう。

ここでクリア

がんの治療に使われるお薬や放射線の影響で、重度の口内炎ができたり、口が渇いたりすることがよくあります。

症状が出てしまっている場合の対処法や痛みの軽減方法を歯科でお尋ねください。

ここでクリア

手術を受けられる方へ

手術後は呼吸の管理のために肺までチューブを通します。この間はお口の中のセルフケアができないため清掃不良の状態になり、口の中に細菌が増殖します。細菌がチューブの側面を経由して肺まで届くと、肺炎にかかりやすくなります。

手術に入る前までに歯科で歯を綺麗にしてもらい『綺麗』の貯金を作りましょう。またセルフケアの方法を習って、手術前までお口の中のお手入れを続けましょう。

ここでクリア

お口の中に歯周病や重度のむし歯があると、お手入れができない間に歯周病菌やむし歯菌が増えて、手術した部位に感染することがあります。また血液から心臓などに感染して合併症をひきおこす要因となります。

歯科で治療できる部分は、早めに治療を受けてコントロールできるようにしましょう。

ここでクリア

グラグラと動いている歯があると、全身麻酔での手術中に口の中に入れる管に歯が当たって、欠けたり抜けたりすることで、大事な歯を失ってしまうことになります。

心配な歯があれば歯科に相談して、歯を固定するなどの必要な処置をし てもらいましょう。

ここでクリア

がん治療を受ける前に 手術を受けられる方に

がん等治療や手術の前に歯科で行っておきたいこと

検査

歯、歯ぐき、粘膜等、お口全体の検査を受けましょう。 むし歯や歯周病がある場合は、主治医の先生と相談しながら、可能な範囲で必要な処置を行います。
義歯を使用している場合、義歯による傷ができていないか
義歯が破損していないかを確認してもらい、必要に応じて調整をしてもらいましょう。

ここでクリア

よごれの除去

歯石や歯垢(プラーク)の除去を行います。
お口の中が不潔な状態では、治療の効果の妨げとなることがあります。治療前は清潔な状態で臨みましょう。

ここでクリア

口腔衛生指導

ひとりひとりお口の中の状態は違います。
あなたにあった歯磨き方法や、ケアの方法をマスターしましょう。
特に抗がん剤治療や放射線治療ではお口の中の粘膜に炎症が起こったりお口が乾燥しやすくなります。
それらのトラブルを防ぎ和らげるために必要なケアの方法をお伝えいたします。

ここでクリア

継続的な歯科受診

治療終了後も定期的に歯科医院を受診しお口を清潔に保ちましょう

ここでクリア

(保険診療で行うことができます)


入れ歯は治療しなくていいの?

入れ歯の調整やお手入れ、口の粘膜のお手入れも大切なので、ぜひ行ってください。

がん等の治療や手術を受ける前に歯科に行って
口の中をチェックする事はとても⼤切なことです。

まずは、かかりつけ歯科で、お口の中をチェックしてもらいましょう。 その際は、全身状態の把握のために、主治医の先生から今の体の状態や今後の治療予定について歯科の先生宛にお手紙を書いてもらい持参しましょう。 かかりつけ歯科がない場合は、お住まいの歯科医師会または福岡県歯科医師会へご相談いただければ、歯科医院のご紹介をいたします。(無料)


ここでクリア

このページの先頭へ